つらい足のむくみ!どうする?原因と解消法をまとめてみました

足のむくみってつらいですよね…。
特に、立ち仕事の方にとっては切実な悩みなのでは
ないでしょうか?

むくみがあると足が太く見えてしまって
見た目上も良くないですし、
だるさ、不快感があると憂鬱になってしまいますよね。

そんな足のむくみの原因についてや、
簡単に解消できる方法、危険な足のむくみのサイン…
などについてまとめてみることにします!

【秋~冬は特に要警戒!むくみの原因を探ります!】

個人的な感覚として「寒い季節は足がむくみやすいな」と思っていたのですが、
調べてみるとそう思っている方は多いようです。

ある調査によると、約7割もの方が
「秋は足がむくみやすい、ややむくみやすい」と答えたそう。

その理由の一つが、「冷え」です。

秋~冬にかけては気温がぐんぐん下がるため、
冷たい外気にさらされた足の血行が悪くなってしまいます。

そうすると、停滞した血液中の水分が血管の外に徐々に染み出し、
それが細胞と細胞の間に停滞することで
「むくみ」になってしまうのだそうです。

また、「筋肉量の低下」もむくみを引き起こす原因となります。

ふくらはぎの筋肉は血液を心臓に送り返す
ポンプのような役割を果たしているのですが、
筋肉の量が減ってしまうと、当然、その働きが弱くなってしまいます。

そうすると血液が下半身に留まりやすくなってしまうため、
「冷え」と同様の理由で足がむくんでしまうことになります。

そのため、過度なダイエットや栄養の偏り、運動不足がある方は
むくみを警戒する必要があります。

ふくらはぎのポンプ機能を働かせるためには
「足を動かすこと」も重要なので、
長時間の立ち仕事やデスクワークも足のむくみの大敵となります。

女性に足のむくみを訴える方が多いのは
「女性ホルモンの影響があるから」とも考えられています。

月経前は女性の体の中で「黄体ホルモン」が増加するのですが、
このホルモンは体に水分を蓄えやすくしてしまうのです。
そのため、月経前に足がむくみやすくなってしまう方は
多いようですね。

また、「塩分の摂り過ぎ」もむくみの原因として挙げられます。
人間の体には塩分濃度を一定に保とうとする仕組みが備わっているのため、
塩分を摂り過ぎるとそれを薄めるために水分を貯め込もうとします。

そのため、むくみが気になるなら塩分を摂り過ぎるのはNGなんですね。

【むくみを解消するにはこうする!一番簡単な2種の方法をご紹介します】

さて、むくみの原因が分かったところで、
その解消法についてもご紹介したいと思います!

もちろん、むくみの原因として挙げられた
「冷え」「筋肉量の減少」「塩分の摂り過ぎ」を
改善していくことも大事なのですが、
ここでは手っ取り早くむくみを解消できるケア2種について
ご紹介したいと思います!

簡単なむくみ解消法1つ目は『着圧ソックスの使用』です。

着圧ソックスとは、足首、ふくらはぎ、太ももに
圧力をかけることができるソックスのことです。

着圧ソックスの圧力は足首が一番高く、
ふくらはぎ、太ももにかけて弱くなっていくのですが、
そのように段階的に圧力をかけることで
足に溜まった血液が心臓に戻りやすくなるのだそう。

つまり、ふくらはぎのポンプ機能をサポートしてくれるんです。

私も夜用の着圧ソックスを愛用していますが、
履くと心地よい締め付け感があって足のだるさが和らぎます。
朝を迎えると目に見えて足がほっそりしているので
むくみが気になる時の救世主です。

最近はロングタイプ、ショートタイプ、ストッキングタイプ…など
形やデザインもいろいろありますので
使用シーンに合わせて選べるようになりましたが、
足のむくみ解消効果を高めるためには「サイズ選び」が最も重要!

着圧ソックスは「きつければ効果が高い」というわけではありません。
ほどよい締め付けがあるのが理想なので、
サイズ表などを参考に、適正サイズの着圧ソックスを選んで使用するのが
手っ取り早く足のむくみを解消するコツです。

簡単なむくみ解消法2つ目は『ふくらはぎのストレッチ』です。

ふくらはぎの筋肉を意識的に動かすことで
血液やリンパ液の循環を促し、むくみ改善効果を狙うことができます。

立った状態では「つま先立ちストレッチ」が効果的!
デスクなどに両手をついてバランスを取りつつ、
両足のかかとをゆっくり上げ下げしてふくらはぎの筋肉を動かします。

座った状態では、「足首ぐるぐるストレッチ」がおすすめ。
足首を上下左右にゆっくり回すことでふくらはぎの筋肉を
伸び縮みさせることができます。
これはエコノミークラス症候群予防のためのストレッチとしても
知られているストレッチ法です。

いつでもどこでも手軽にできるむくみ対策なので
試してみてはいかがでしょうか。

【むくんだ時の「水分」との付き合い方!飲みすぎはだめなの?】

ここからはむくみと水分の関係についてのお話です。

前述のとおり、むくみの正体は「細胞と細胞の間に溜まった水分」です。
そのため、「むくみが気になるから水分を控えている」という方も
少なくないようですね。

しかし、むやみに水分を控えるのは逆効果になる場合もあるのだそう。
それは、『水分不足を感じると体が水を蓄えてしまう』から!

そのため、「適度な水分を摂って余分な水分を流す」

のがむくみ対策としては有効なんです。

しかし!『水の飲みすぎ』はそれはそれでNG。
水分代謝のバランスを崩し、体に余分な水分が貯まる原因になりかねません。

そのため、喉の乾きを感じたタイミングで素直にその欲求に従うのが
むくみ対策としての水分補給法としては正解。

飲み物は常温のお水にして、体を冷やさないようにするのも
ポイントです。

【放っておけないむくみもある!病院に行くなら何科!?】

さて、ここまで足のむくみのセルフケアについてご紹介してきましたが、
足のむくみの中には「放っておけない」ものも存在します。

それは例えばこんな足のむくみです。

・痛みを伴う
・異常なだるさ、重さを感じる
・朝から晩までずっとむくんでいる
・尿の量が少ない、尿が泡立っている
・足の血管が浮き出ている
・足以外にもむくみがある(顔、まぶたなど)

このような症状がある時には心臓・肝臓・腎臓の病気や
リンパ浮腫、下肢静脈瘤などが疑われる場合がありますので
病院を受診することが推奨されます。

何科を受診すればよいかは迷うところですが、
相談できるかかりつけ医がない場合は「血管外科」を受診すると良いようです。

しつこいむくみが気になる場合は念のため
病院に行ってみるのも良いかもしれませんね。

たかがむくみ、されどむくみ!
足のむくみは軽視せず、適切なケアをして体を整えてあげましょうね。