ワセリン保湿って正直どうなの?メリットとデメリットを探ります

お肌の乾燥が気になる季節、保湿ケアに気を配っている方は多いかと思います。

いろんな保湿剤がある中で、「ワセリン」を選ぶ方もいるということは前から知っていたのですが、「ベタベタするのでは?」と敬遠していた私が今年はワセリンデビューしてみることにしました!

>>人気の美顔器で保湿!

【そもそもワセリンって何?特徴とメリットについて調べました】

ワセリンとは石油を原料にして作られる油性の物質。

石油由来と聞くとなんだか化学的で肌に良くないイメージですが、実は近年のワセリンはしっかり精製されているため『安定していて劣化しにくい』というメリットがあるんです。

そのため、お肌に塗っても安心!副作用が出にくく、敏感肌にも優しいと言われています。

また、『肌に吸収されない』、『水分を閉じ込める』、『体内に入っても吸収されず排出される』という特徴もあるため、赤ちゃんのおむつかぶれ対策などとして使うこともできる、低刺激で安全な物質なんですよ。

ワセリンをお肌に塗ると正直かなりベタベタするのですが、その分、しっかり水分を閉じ込めて、外気から保護してくれている感覚があります。

私は目頭が乾燥してかゆくなることへの対策としてワセリンを購入してみたのですが、精製度の高いワセリンなら目元に塗っても刺激がないので安心して使えます。(ワセリンの精製度については後述します)

乾燥によるかゆみも軽減しているのでワセリンのおかげかなと感じていますよ!

それほど低刺激で、肌の保護効果が高いワセリンですから、敏感肌の方やアトピー持ちの方のお肌の保湿や、やけど跡の保護、軽度な傷口の保護に使われたりすることもあるようです。

もちろん、スキンケアの最後に使ったり、手荒れ予防としてハンドクリーム代わりにしたり、リップクリーム代わりに使ったり…と、スキンケアオイルのような感じで使うこともできます。

また、化粧下地や部分的なクレンジングオイルとして使うこともできるんだとか!ワセリン、思っていた以上に万能なオイルだと言えそうです。

【ワセリンは精製度で値段が違う!選び方についてご紹介します】

さて、そんなワセリンは『精製度』によって様々な商品があり、値段も違うということをご存知でしょうか?

ワセリンには

・黄色ワセリン
・白色ワセリン
・プロペト
・サンホワイト

があり、黄色ワセリンが一番精製度が低く、サンホワイトが最も精製度が高いワセリンです。

ワセリンに関しては『色が薄い』ほど不純物が少ないのでお肌の保護に使うなら「白色ワセリン」以上の精製度のワセリンを使うのが無難とのこと。

不純物が入っていると日光に当たった時に不純物が酸化してお肌への刺激になってしまう恐れがあるため、より安全なものがいいと思った私は迷わず「サンホワイト」を選びました。

>>サンホワイトを激安価格で!

サンホワイトは「高級ワセリン」と言われることもあるほどで、ワセリンの中では高価なものだとされているのですが、それでも、50gで1000円程度なのでそれほど高いとは感じませんでした。

全顏に使う場合も使用量は「米粒1つ程度」とされているのでかなりコスパが良いですしね!

サンホワイトはほとんど透明なクリームで、伸びも良く、脂っぽい香りも全くないので個人的にはおすすめのワセリンです。

サンホワイトは白色ワセリンに比べるとベタつきにくいとされているので少しでもベタつきを軽減させたい方にもおすすめと言えるでしょう。

【ワセリンにはデメリットもある…?使用時はこんなことに気をつけよう!】

安全で低刺激、多用途に使えるワセリン。メリットばかりのように感じますが、やはり、デメリットもあります!

使用時は以下のようなことに気をつけるようにしましょう!

・ニキビには使用しない

ワセリンは油性の物質なので、毛穴をふさいでしまう恐れがあります。ニキビ内部の皮脂の排出を妨げ、ニキビを悪化させてしまうことがあるのでニキビができている部分や皮脂の分泌が多い部分への塗布は避けた方が安心です。

・美容効果はない!

ワセリンは言ってしまえば「ただの油」なので、キメを整えるとか、美白にするとか、肌の保水力を高める…などの美容効果は一切期待できません。美容効果を求めるなら他のスキンケアアイテムと組み合わせて使う必要があります。

スキンケアの最後にワセリンをごく薄く伸ばすことで水分蒸発を防ぎ、スキンケア効果を高めることはできるとは言われていますよ。

・日焼け止めと併用する!

精製技術が向上して安全性が高まったとされているワセリンですが、やはり、日光に当たって「酸化」することで「油焼け」を起こす恐れはわずかながらあると言われています。そのため、日中に使う場合は日焼け止めと併用すると良いでしょう。

心配なら、「強い日差しに当たるようなシーンでは使用しない」と決めてしまうのも良いかもしれませんね。

【肌質別ワセリンの使い方講座♪脂性肌や混合肌にも使えます!】

ここからは肌質別のワセリンの使い方をご紹介します!

まずは『混合肌・脂性肌』から。

混合肌・脂性肌の方の場合、小鼻や鼻の横、おでこなどは皮脂分泌が多いため、ワセリンは塗らない方が良いかも。

ワセリンの油分が毛穴をふさいでコメドの原因となってしまう恐れもあるため、目元や口元、Uゾーンなど、乾燥を感じる部分にごく少量を塗るのがおすすめです。

指先にほんの少し取り、こすり合わせるようにして温めたあと、ポンポンと押さえるようにして肌に塗布すると敏感な目元、口元にも優しいですよ。

混合肌・脂性肌でも唇は乾燥すると思いますので、リップクリーム代わりに使うのもおすすめです。

続いては『乾燥肌』!

乾燥肌の方は全体的に皮脂の分泌が少ないので米粒程度のワセリンを手のひらでこすり合わせるようにして温め、顔全体にうす~く伸ばして使いましょう。

ワセリンを塗る前に水分を補給したほうが保湿感が高まるので、お使いの化粧水、保湿剤と併用するのが良いようです。

最後は『敏感肌』のワセリン使用についてです。

敏感肌の方も乾燥肌の方と同様に塗布すればよいのですが、やはり、不純物が少ないワセリン(プロペトやサンホワイト)を使用すると赤みやかゆみのリスクを減らすことができます。

「肌が敏感で何も塗れないけどワセリンだけなら大丈夫だった」という感想も複数見つけることができたので、肌が特別敏感になっているときには「ワセリンのみの保湿」を試してみてはいかがでしょうか。

ワセリンで保湿した後に洗顔をするとベタつきが残る場合がありますが、『精製度の高いワセリンなら多少肌に残っても特に問題はない』とのことなのでべたつきを落とそうとこすり過ぎないように気を付けてくださいね。

ワセリンって、上手に使えばかなり活用できます。肌質や使用シーンに合わせて量や塗り方を調整して、お肌を保護してあげましょう!

>>サンホワイトを激安価格で通販する!