厚塗り卒業!「カラーコントロール」で美肌に見せる方法教えます

化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、ハイライト、チーク、フェイスパウダー…

お肌の気になる部分を隠して美肌に見せるために、塗らないといけないものってたくさんありますよね!

確かに、気になる部分を隠すためにファンデーションやコンシーラーを「重ね塗り」するのは一つの方法です。でも、いろいろと塗り重ねているがためにべたつきや粉っぽさ、厚塗り感が出てしまうことってありませんか?

それを回避するためには、『色』を味方につけた「カラーコントロールメイク」をしてみるのも一案です。ここからは、カラーコントロールメイクの考え方と、具体的な方法についてご紹介していきたいと思います。

【カラーコントロール=『補色』の効果を利用してアラを消す!】

私たちが普段目にする「色」。色同士には『補色』という関係性があり、メイクやファッションなどの分野ではその関係性が利用されているんです。

補色の関係とは、黄色なら青紫、赤なら青緑、青なら橙、紫なら黄緑…というように、『反対の色同士』のこと。

デザインにおいては反対の色同士を組み合わせるとメリハリのきいた印象を与え、お互いの色を引き立てることができると捉えられています。

反対に、近い色相(黄色と黄緑 など)の色同士を組み合わせると落ち着いた、まとまりのある印象を作れるとされていますよ。

メイクにおいては、気になる部分の色(ニキビなら『赤み』など)の補色を用いることで、それをカバーすることができるということが知られています。

また、色調が似ているけどワントーン明るい色を乗せることで肌のトーンアップを図ってお悩みを目立たなくする方法もあります。(茶色っぽいシミの上にオレンジのコンシーラーを乗せる…など)これらの手法を使ったメイクが「カラーコントロールメイク」なんですね。

【ニキビ、くすみ、シミ、青ヒゲ、クマ…お悩みを『色』で隠す方法、教えます】

ここからはお肌のお悩みを『色』で隠す方法を具体的にご紹介します。お悩み別にまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

☆ニキビ

ニキビが目立つのは「赤み」があるから。赤みを消すためには反対色である『グリーン』のコントロールカラーを塗るのが良いでしょう。

部分的にグリーンのコントロールカラーを塗り、その上からコンシーラーなどを重ねると自然にカバーすることができますよ。

☆ニキビ痕

ニキビ同様、赤っぽいものには『グリーン』、紫や黒っぽいシミのようなニキビ痕には『オレンジ』や『イエロー』のコンシーラーをピンポイント使いするのがおすすめ!黄色みの強いファンデーションなどでも代用できます。

☆赤み

広範囲の赤みを隠したいなら、『イエロー』のコントロールカラーが適しているとされています。グリーンを広範囲に伸ばすと顔色が悪く見えてしまいがちですが、イエローなら自然に赤みをカバーすることができますよ。

☆顔色の悪さ

血色感がなく、顔色が悪く見られがちな方には『ピンク』のコントロールカラーがベストマッチです。自然な血色感を与え、健康的な肌色に整えることができます。

☆くすみ

茶色っぽいくすみや黄ぐすみが気になる肌には『ラベンダー』や『ブルー』のコントロールカラーが定番です。目の下や口元、鼻の横などの気になる部分にピンポイント使いすると自然にトーンアップさせることができます。

☆クマ

青クマは『オレンジ』や『イエロー』、茶クマには『ピンク』や『イエロー』、黒クマには『イエロー』や『明るいベージュ』のコントロールカラーやコンシーラーを使うと明るい印象に見せることができます。

☆シミ・そばかす

茶色っぽいシミには『オレンジ』系のコンシーラーをポイント使い。広範囲のシミやそばかすは『イエロー』のコントロールカラーでトーンアップさせてカバーすると自然です。

☆青ヒゲ

ヒゲが濃かったり、埋没毛があったりすると口周りが青っぽく見えてしまうことがあります。そんなお悩みには青の補色である『オレンジ』のコンシーラーがぴったり。オレンジの練りチークや口紅で代用するという裏技もあります。

口周りをオレンジに塗った上からファンデーションを重ねると不思議ときれいに隠れるようです。

男性用の青ヒゲ隠しメイク用品も、やはりオレンジ色をしていることが多いようですので女性が使ってみるのも良いかもしれませんね。

【厚塗りを防ぐコツをご紹介!コントロールカラーっていつ塗ればいいの?】

お肌の悩みを隠してくれるコントロールカラー。しかし、「下地→コントロールカラー→ファンデーション→コンシーラー」と重ねてしまうと、結局「厚塗り」になってしまう恐れがあります。

一般的にはコントロールカラーは下地の後に使うとされているのですが、最近では下地を兼ねたコントロールカラーも増えてきたのでそのようなアイテムを使うことで厚塗りを防ぐことができそうです。

私自身は、鼻や頬の赤みが気になる部分にだけ下地代わりになるグリーンのコントロールカラーを使い、そのほかの部分には透明なUV下地をつけています。そうすると厚塗りにならず、肌負担も少ないので気に入っていますよ。

しっかりメイクをしたいときはセオリー通りに化粧下地を全顔に塗った後に部分的にコントロールカラーを仕込んでも良いでしょう。

化粧下地を塗った後、ティッシュやスポンジで少し油分を押さえてからコントロールカラーを塗ると、ヨレを予防することができると思います。

【コントロールカラーは全顔に塗っちゃだめなの?失敗談語ります】

「コントロールカラーは部分使い」が原則。でも、「めんどくさいから全顔に塗りたい」という方ももしかしたらいらっしゃるかも??

実は私自身もそうで、『ラベンダー』のコントロールカラーを全顔に塗って出かけたことがありました。

ラベンダーのコントロールカラーは肌のくすみを飛ばしてくれて白肌に見せてくれるのでお気に入りでした。

しかし…

太陽光の下では自然だったのに、屋内に入って照明光を浴びたとたん、ものすごく白浮きして不自然に見えたんです。顔だけがボーっと光って目立っているような感じで恥ずかしかったです…やっぱり、コントロールカラーを全顔に塗るのはあまりおすすめしません。

ただ、ピンクベージュやイエローオークルなどの肌馴染みの良いコントロールカラー下地なら全顔に塗っても大丈夫な場合もあります。

その際には、自然光の下と照明光の下とで見比べて、不自然ではないかどうか見極めてみてくださいね。

以上、カラーコントロールメイクの理論や方法、個人的体験などをまとめてみました。自然に美肌を演出したい方!『色』の力を借りてメイクしてみませんか?