交通事故より警戒すべき「ヒートショック」が怖いので調べてみました

冬になるとたまに耳にするのが「ヒートショック」のリスクについて。

寒い浴室やトイレで高齢者がめまいや脳梗塞を起こし、そのまま亡くなってしまうというものなのですが、それは「血圧」の急な変動が原因だと最近改めて知りました。

でもそれって、高齢者だけの問題なのでしょうか?

最近は若者の高血圧症も増えていると聞くし、若年層にも血圧変動のリスクはあるはずですよね?

ヒートショックが俄然怖いものに感じたので、気になったポイントについてさっそく調べてみました。

【ヒートショックのリスクが高まるのは何歳以上?若者は心配ないの?】

そもそもヒートショックとは「寒い季節のお風呂やトイレで起こる体への悪影響のこと」。

暖かい場所から寒い場所に移動する際に血圧が大きく変動し心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまう現象で、交通事故で亡くなる方よりも多くの方がこの現象で亡くなっているのではないかと推察されるようです。

ヒートショックのメカニズムは簡単に説明すると以下の通り。

寒い場所に移動すると、体が熱を逃がさないようにと血管を縮め、流れる血液の量を少なくします。

その結果、血圧は急激に上昇。

その後熱いお風呂に入ることで血管は拡張し、血圧は急激に降下してしまうんです。

そのせいでめまいや失神が起き、湯船で溺死してしまうこともあるのだとか…

実はこのヒートショックによると推定される「浴槽での溺死者数」は『65歳以上』の高齢者が9割を占めているそうです。

やはり、高齢者の方が大きなリスクを抱えているんですね。

その理由はやはり「血管の老化」。血管の弾力性が低下していていると、急激な血圧の変化に対応できず、前述のような健康被害が起きやすくなってしまうようです。

また、高血圧症や糖尿病、不整脈、動脈硬化などの疾患をお持ちの方は当然ヒートショックのリスクは高まるのです。

ということは、やはり『若者にもヒートショックのリスクはある』と言えるでしょう。

事実、家庭の浴槽での溺死者には10代、20代の若者も含まれています。全てがヒートショックを原因とするものではないでしょうが、突然死の影にヒートショックが隠れている可能性があると考えられるようです。

高血圧症や糖尿病などの疾患をお持ちの方はもちろんのこと、飲酒直後の入浴や一番風呂、42℃の熱いお湯に長時間つかるなどの行為でもヒートショックのリスクを高めることになるため、健康な方でも、どんな世代の方でも、ヒートショックには注意する必要があるでしょう。

【ヒートショックは予防できる…!お金がなくてもできる対策もあります】

さて、そんな怖~いヒートショックはどのようにして予防すればよいのでしょうか?

一番良いのは断熱効果の高い家に住み、脱衣所や浴室にも暖房をつけることですが、なかなか難しいですよね。

ヒートショックのリスクを下げるためには各部屋の温度差が「5℃」以下であると良いとされているので、まずは温度計を設置して室温を計測してみてはいかがでしょうか。

寒い場所にはセラミックヒーターなどを設置して暖めるのがおすすめ。安くて小型のヒーターも多くありますし、人感センサー機能つきのものであれば電気代も節約できそうですね。

また、入浴の前後にコップ1杯程度の水を飲むこともヒートショック予防として推奨されています。これは血液がドロドロになって血栓ができやすくなるのを防ぐためのものです。

当然ですが飲酒後は入浴を避けた方が良いですね。食事後も血圧変動が起きやすいので、食後一時間程度時間を空けてから入浴すると良いとされています。

浴室の寒さが気になる場合は浴槽にお湯を溜める際に「シャワー」を使うと良いですよ。蒸気によって浴室全体が暖められ、寒さが緩和されます。

このように、ヒートショックの予防は意外と簡単に、あまりお金をかけずにできるんです。悲しい事故を避けるためにご家族間でヒートショックの情報を共有して注意し合ってみると良いかもしれませんね。

浴室で意識を失っても発見されづらいことを考えると、一人暮らしの方は更に注意が必要かも…自分を守るために、早急なヒートショック対策を取りましょう!

【若者も血圧管理が必要な理由とは?『若年性高血圧症』の原因を調べました】

ヒートショックをはじめとして、血圧の変動による健康被害は高齢者の方が高リスクなのは確か。

しかし近年では「若年層にも高血圧症患者が増えている」という気になる事実があるのをご存知ですか?

若年性高血圧症とは35歳以下の年齢層の高血圧症を指すのですが、これまでは腎臓や内分泌系の疾患など、原因が特定できる「二次性高血圧」であることがほとんどだとされてきました。

しかし、最近は『原因が不明』とされる高血圧が増えてきているという指摘があるのが気になるところ!

実は血圧は『ストレス』や『不規則な生活』でも上昇することがわかっており、それが原因で夜間や早朝の突然死が起きてもおかしくはないのです。

ストレスがかかると交感神経が刺激され、血管が収縮して血圧が上がります。これ自体は人体の自然な反応なので一時的なものなら心配ないのですが…。長期間に渡ってストレスにさらされると、動脈硬化などのリスクを高めてしまうことになってしまうそうなんです。

ストレスと同様に、不規則な生活も高血圧の要因になる点にも注意が必要ですね。心当たりがあれば、一度血圧をチェックしてもらうと良いかもしれません。

治療の指標となる血圧は「130/85mmHg」。

血圧上昇の原因となっている疾患はないか調べてもらった上で、リスクが高いと判定されたら薬による治療を受ける必要があります。

原因となる疾患がない場合でも、医師の指示に従って食事や生活習慣の改善を試みる必要がありますよ。

血圧が高い状態を放置すると、脳出血、脳卒中、心筋梗塞、心不全、腎不全、大動脈瘤など、聞くだけでも恐ろしい疾患の引き金となるリスクがあるからです!特定の原因がないからと言って、放置はダメなんですよ~!

健康寿命を延ばすためには血圧管理は重要な項目。

ストレスコントロールや適度な運動などを心がけて血圧をコントロールすることは若年層にこそ必要だと言えるかもしれません。

以上、ヒートショックをきっかけに、血圧と健康について自分が気になった点について調べてまとめてみました。

高血圧症はよくある病気だというイメージでしたが、「沈黙の殺し屋」とも言われるほど、怖い病気だということが分かりました。

『血圧なんて気にしたことない!』という方ほど、ご自身の血圧管理について見直してみてはいかがでしょうか。とりあえず、お風呂前に一杯の水を飲みましょう!