メリット多数!乾く暇を与えない『インバススキンケア』のすすめ

乾燥する季節、お肌のケアには気を使いますよね。

特に夜のスキンケアには手間暇かけている方が多いのではないかと思いますが、お風呂上りに、「急いで化粧水つけなきゃ!」と焦っていませんか?

でも、それってお風呂の中で保湿を済ませてしまえば解決なのでは!?

実は、お風呂での保湿、インバススキンケアにはメリットが多数あるんです。

お風呂上りの肌の乾燥に悩む方必見!インバススキンケアのメリットや方法についてまとめてみました。

【インバススキンケアってどういうの?メリットは何?】

お風呂上りのお肌は角質層の水分量がアップして潤った状態になっています。

しかし、浴室を出てから1分経過すると水分量は徐々に低下。お肌の水分量を計測した実験によると、「お風呂上り10分」が保湿のリミットとされているんですよ。

でも、個人的な体感では10分を待たずに肌のつっぱり、乾燥を覚えるので、肌質や環境によってはもっと早くリミットが来ているのかもしれません!

専門家の間でも「入浴後5分以内!」とか、「1分以内!」とか意見が分かれているようなのですが、とにかく、できるだけ早く保湿ケアをするに越したことはないようですね。

でも、お風呂上りは髪の毛を拭いたり、服を着たり、意外と忙しいもの。スキンケアはリビングや寝室でゆっくりと…と後回しにしがちではないですか?

そこで試していただきたいのがインバススキンケア。

インバススキンケアは『お風呂(浴室)の中で保湿ケアをしてしまう』という、とっても効率的な乾燥対策です。

浴室は湿度や温度が高いため、肌は温まり、毛穴が開いて柔らかくなっています。

その状態のお肌に保湿化粧品を塗ると保湿効果は大幅にアップ!肌の水分量は何も塗らない場合の2倍近くになり、保湿効果は一時間後にもキープされる…とのことなんです。

また、化粧水に含まれる美容成分が浸透しやすくなり、美容効果が高まるとの意見もあるようですね。

浴室は湿度や温度が高いので、スチーム美顔器や蒸しタオルを使用したスキンケアと同じような効果が得られるともされていますよ。

これらがインバススキンケアのメリット!いいこと尽くめに感じますね。

インバススキンケアは乾燥肌の方の保湿法として皮膚科医がすすめることもあるようですよ。理にかなった保湿法なのに、実践している方は意外と少ないと思われる目からウロコのスキンケアですね!

【小分け化粧水を持ち込むのが楽!インバススキンケアのやり方、ご紹介します!】

ここからはインバススキンケアのやり方について具体的にご紹介していきたいと思います。

とは言っても、やり方はとても簡単。普段お使いの保湿化粧品をお風呂で使用するだけ です。

お風呂でどこまでケアするかは人によって好みがあると思いますが、まずは私自身のやり方をご紹介。

用意するのは小さい詰め替え用スプレーボトルと化粧水だけ!化粧水をスプレーボトルに詰め替えてお風呂場に常備し、湯船から上がって顔を拭いたらすぐ、顔にスプレーをたっぷり吹きかけてから手の平で押さえるようにして馴染ませています。

その後服を着るなど身支度を整えてから、美容液やクリーム等を追加で塗るようにしていますよ。

温度変化が大きい浴室に化粧品のボトルをそのまま持ち込むのは変質などの心配が少しあったので、このような方法を取るようになりましたが結果として大正解!スプレーボトルのおかげでとても手軽に化粧水をつけられるので、ズボラな自分でも続けられていますよ。

もっとしっかりスキンケアをしたい方は湯船に漬かった状態でフルスキンケアをするのも良いかも。クリームまで塗ってしまえば、お風呂上りの時間を有効に使えそうですね。

お風呂はササっと出たい方はブースター化粧水やスキンコンディショナーなどを塗布しておいて入浴後のスキンケアに備えるのも良いかも。オールインワン化粧品を塗るのも良いですし、シートパックを貼ってから浴室を出ても良いかも!

また、馬油やスクワランなどの「美容オイル」を塗ってから浴室を出るという方もいらっしゃるようです。オイルの場合は肌が少し濡れているうちに塗ったほうが馴染みやすくなる場合が多いです。お使いのオイルの特性に従って試してみてくださいね。

インバススキンケアは顔だけでなく、体にも応用可能です。

顔と同じ美容オイルを塗るのも良いですし、濡れた肌に塗って、そのまま流してOKな保湿化粧品を活用するとより手軽です。

背中など手が届きづらい部分の保湿には保湿剤入りの入浴剤を使うことがおすすめされることが多いですよ。

肌質やお好みに合わせて、自分なりのインバススキンケア法を確立させてみてはいかがでしょうか?

【インバススキンケアの注意点はある?このポイントを押さえればOKです】

さて、いいこと尽くめのインバススキンケアですが、やはり、押さえておくべきポイントがあります。

それは「お湯の温度」と「安全面」の問題です。

お風呂に長く漬かっているとお肌がふやけてしまい、肌の水分量を保持する役割を果たす「細胞間脂質」や「天然保湿因子」が流れ出て、お肌が乾燥しやすくなってしまうんです。せっかくインバススキンケアをするなら、お風呂のお湯の温度にも気を配って保湿効果を高めたいですね。

適切だとされる湯温は38~40℃程度の「ぬるめ」。顔を洗うお湯は少し冷たく感じるくらいのぬるま湯が良いとされていますよ。

お風呂場でオイルや保湿系入浴剤を使用すると、バスタブや床が滑りやすくなってしまうのでその点にも注意が必要ですね。

足の裏には保湿剤は塗らない…などの工夫をして、お風呂場でうっかり転倒しないように気をつけましょう!

【インバススキンケアを3か月続けてみたら…明らかに変化がありました!】

今年の冬はインバススキンケアを実践しよう!と決めてお風呂場に化粧水を持ち込み始めて3か月程度経過しましたが、明らかなお肌の変化を感じました!

以前は入浴後に化粧水を塗るまでに早くても5分程度は時間が空いていたのですが、肌がゴワゴワしていて、化粧水が浸透しないな~と感じていました。

しかし、インバススキンケアを始めてからはその感じがなくなり、柔らかくもっちりした肌の状態が持続するようになりました!

美容液と保湿クリームは入浴後10分くらいの間に塗るようにしていますが、肌がすでに潤っているので馴染みが良く、つるつるした手触りになるので、気持ちよくスキンケアができています。

乾燥による皮脂分泌が抑制されたためか、心なしか毛穴のトラブル(詰まりや開き)も改善してきた気がします。

使用する化粧品は特に変えていないので、インバススキンケアの効果だと確信していますよ!

かかったお金は100均で購入したスプレーボトルの分だけ!コスパ最強なスキンケアです。

入浴後の肌の乾燥が気になる方、化粧水の浸透が悪いと感じる方、お風呂での保湿、インバススキンケアをぜひ試してみてくださいね。