頭皮と髪の健康のために!「シャンプー使い分け」美髪法とは?

今お使いのシャンプー、何を基準に選んでいますか?

香り、シリコンの有無、洗浄力、口コミの良さ、頭皮へのやさしさ…

シャンプー選びの際に気にしないといけないことって意外と多く、お気に入りを見つけるのって難しいですよね。

だからこそ、お気に入りを見つけてしまったら毎日それを使ってしまいますよね!!

でも、頭皮や髪の健康と美しさのためには「シャンプーを使い分け」するのが良いってご存知でしたか?

この記事ではシャンプー使い分けのメリットやお悩み別のシャンプーの選び方についてご紹介したいと思います。

【頭皮の状態は日々変わる…シャンプー使い分けのメリットとは?】

頭皮って、私たちが思っている以上にデリケート。実は頭皮って顔の皮膚よりも薄いんです。バリア機能が低下しやすいので乾燥にも弱く、ダメージを受けやすいんですよ。

それなのに、紫外線やホコリなどの外部刺激に常にさらされている上に髪の毛があるため汚れが溜まりやすく、時にはカラーやパーマ剤の刺激も加わり…ストレスやホルモンバランスの影響を受けて敏感にもなってしまう…という過酷な状態にあるんですよ。

なんだか頭皮が気の毒になってきましたよね。

そんなデリケートな頭皮だからこそ、シャンプー選びひとつでかゆみやフケ、髪のパサつき、うねり、薄毛などの様々なトラブルを引き起こしかねないんです。

例えばお顔のお手入れだったら、紫外線を浴びた日は美白ケア、乾燥している日は保湿パック、角質が気になる時はピーリング…など、状態に合わせたお手入れをしますよね?

頭皮の場合もそれと一緒で、シャンプーの使い分けをすることでその日の頭皮の状態に合ったお手入れをすることができるんです。

これがシャンプー使い分けのメリット!

頭皮の状態に合わせてシャンプーを使い分けることで頭皮から生えてくる髪の毛にも良い影響を与えられますので髪の毛の状態にお悩みの方も試してみる価値ありますよ。

【こんな日にはこんなシャンプー…!頭皮の状態別シャンプー選びのコツとは?】

ここからは、頭皮や髪の毛の状態別、おすすめシャンプーの一例をご紹介します。

まずは頭皮のベタつき、ニオイ、かゆみや髪の毛のコシ、ハリのなさが気になる時。

そんな時は「スカルプケア」系のシャンプーを使ってみるのも一手です。

スカルプケアシャンプーは頭皮のケアを目的としたシャンプー。毛穴の汚れ、詰まりを取り除く効果が高くなるように設計されているので洗浄力は強めなことが多いです。

そのため、毎日使うと頭皮の乾燥が気になってしまう場合もあるみたい。

ですが、ベタつきなどが気になる時のレスキューアイテムとして使うなら話は別!頭皮をすっきりさせたい時、汚れが気になる時にのみ使うと良い効果を実感しやすくなりますよ。

逆に頭皮の乾燥や乾燥によるフケ、髪の毛のゴワつきや絡まりが気になる時は泡の出ないシャンプー(クリームシャンプー、ノープーなどと呼ばれます)を試してみるのも良いかもしれません。

クリームシャンプーは頭皮の脂汚れを乳化させて落とすため、優しい洗い心地で髪も潤うのが特徴です。

オイルが配合されているため髪の毛にツヤも出るし、洗う際の摩擦刺激が避けられるため、髪の毛のゴワつき、乾燥、切れ毛が気になる方にも適しています。

ただ、「ロングヘアーだとまんべんなく馴染ませるのに時間がかかる」、「コスパがあまり良くない」、「汚れが落ち切っていない気がする」などの口コミも見られますので、やはり最初は乾燥が気になる時のスペシャルケアとして使用してみると良いでしょうね。

カラーやパーマをした後は、頭皮への刺激を抑え、もちを良くするためにも「アミノ酸系」のシャンプーを使用することが推奨されることが多いです。

アミノ酸系のシャンプーは泡立ちや洗浄力が比較的弱め。

だからこそ頭皮や髪の毛を優しく洗い上げることができるので、カラーやパーマ後の頭皮や髪にはもちろん、肌が敏感になっている時や、薄毛が気になる方にも適しているとされています。

使用しているシャンプーを使い終わってから新しいものを買うのではなく、常に複数のシャンプーを備えておくのが頭皮&美髪ケアのコツ!

日々変わる、頭皮や髪の毛のコンディションを見極めて理想的な状態を保てるように工夫してみましょう!

【デイリーシャンプーはこう選ぶ!ドラッグストアのシャンプーって良くないの?】

では、基本的には毎日使うことになる『デイリーシャンプー』ってどうやって選べばいいのでしょうか?

一般的にはドラッグストアで売られているような低価格帯(400円~1000円以内)のシャンプーをデイリーに使う方が多いかと思いますが、「ドラッグストアで売っているようなシャンプーは髪に良くない!」と言われることも多いってご存知でしたか?

低価格帯のシャンプーが良くないと言われている理由は、洗浄成分として「高級アルコール」系の成分が配合されていることが多いから。

具体的には『ラウレス硫酸ナトリウム』がやり玉に挙げられることが多いようですが、頭皮や髪に良くないと言われる根拠は「洗浄力が強すぎる」から!

実は、日本人の頭皮は乾燥に傾いている方の方が多く、強い洗浄力のシャンプーを使用した方が良いほど皮脂が出ている方は全体の2割にも満たないという意見もあるようです。

そのため、美容師さんなどの「髪や頭皮の専門家」からすると、洗浄力が強い市販のシャンプーは「あまり良くない」と捉えられるようですね。

しかし、実際には高級アルコール系のシャンプーを使用していても全く問題のない方も多いですし、「頭皮の乾燥はトリートメント等でカバーできるので問題ない」と、市販のシャンプーを擁護する美容師さんもいらっしゃるようです。

もし、デイリーシャンプーとして「洗浄力が強すぎない」シャンプーを選びたいなら
・アミノ酸系
・ベタイン系
・タウリン系
などを洗浄成分として使用しているシャンプーを試してみるのも良いでしょう。

このようなシャンプーは市販のものにも少しはありますし、サロン専売品として美容室などで取り扱っている場合もありますので「高級アルコール系のシャンプーは合わない!」と感じる場合はそのようなシャンプーにシフトしてみるのも良いと思います。

もちろん、頭皮や髪の毛の状態に問題がないなら市販の低価格帯シャンプーをデイリーシャンプーにしてももちろんOK!自分が心地よく使用できるシャンプーを選ぶことが最も大事ですね。

いろんな意見があってシャンプー選びって本当に難しいな、と感じますが、だからこそ、頭皮や髪の声に耳を傾けてシャンプーを選び、使い分けケアをしてみてはいかがでしょうか?

シャンプーの選び方や成分について少しでも参考になれば幸いです!