白髪染めトリートメント使ってみた!メリットと仕上がりを検証します

私、最近とても気になることがあります…それが、『白髪』です!!

私は30代前半なのですが、ここのところ、白髪が増えてきたような気がして…鏡で見てみると、自分で確認できるのは20本くらいあります。
髪の分け目や頭頂部の毛をめくったところに密集して生えているので結構ショック…。
以前は気になったらすぐに抜いてしまっていたのですが、さすがにそれでは追いつかなくなってきたんですよね…

でも、美容室などで白髪染めをするほどではないかな…?と悶々と悩んでいた時に目についたのが『白髪染めトリートメント』でした。

【白髪染めトリートメントは白髪染めヘアカラーとどう違う?】

私が目をつけたのは『カラートリートメント』『白髪用トリートメント』『白髪染めトリートメント』などと呼ばれるヘアケア用品。
染毛料ではなくあくまで「トリートメント」なのですが、染料が配合されているため、使い続けることで白髪が目立ちにくくなったり、白髪染めヘアカラーのモチがよくなったりするそうなんですよね。

一般的に「白髪染め」と呼ばれるヘアカラーは「永久染毛剤」とも呼ばれる薬剤を使用したカラーリングのこと。
黒髪を明るい色にすることもでき、白髪の内部にまでしっかり色を入れられるタイプのものです。

色もちは1~2か月程度。一回でしっかりと染まり、シャンプーをしても色落ちしないのが特徴ですが、その分、頭皮や髪の毛への負担が大きく、アレルギーなどの原因にもなり得るとの懸念があります。
敏感肌の方は使えないというデメリットもありますし、ケープや使い捨て手袋などを準備したりと、セルフでやるとなかなか面倒なイメージがあります。

それに対して「ヘアカラートリートメント」は、「髪の毛の表面にだけ」色を付けることができるアイテム。
シャンプー後の濡れた髪の毛に塗り、所定の時間放置して洗い流すだけでOKなものが多いです。
トリートメント処方なので、アレルギーのある方や敏感肌の方も使うことができたり、素手で扱っても大丈夫なものが多いです。

何回か使用しないとしっかり色が付かないことと、カラーバリエーションが少ないことと、色もちが短い(1~2週間程度)ことがデメリットですが、頭皮や髪の毛へのダメージが少ないのが魅力です。

ヘアカラートリートメントと似ているものに「ヘアマニキュア」がありますが、ヘアマニキュアはカラートリートメントに比べると染毛力が強く、地肌に付くと色が落ちないというデメリットがあります。そのため髪の毛の根本には使えないことがデメリットとなるようです。

私は現在、カラーを一切していない素のままの黒髪。元の色はあまり変えずに白髪だけを目立たなくさせたいし、ダメージも避けたいし、なるべく面倒じゃない方法が良かったのでカラートリートメントが合ってる!と判断して使用することにしました!

【実際に使ってみた!シャンプー後の濡れた髪に塗って5分放置した感想はこれです】

私が購入したカラートリートメントは「シャンプー後の濡れた髪全体に馴染ませ、5分放置後洗い流せばOK」というもの。
素手で塗っても大丈夫なようでしたが、色が取れないと嫌なので使い捨てのゴム手袋を使用して塗ることにしました。

初回だったので放置時間や使用するタイミングは商品説明の通りにしたのですが…さて、肝心の仕上がりはどうでしょうか。

結果は……あれ?期待したほどは染まっていません!白髪が気になる部分を中心に、しっかり塗ることができたと思ったのですが…
これには少しがっかりしてしまったのですが、髪の毛は普段よりもツルツルな手触りで、かつふんわりとボリュームが出たのには良い意味でびっくり。
トリートメントとしての効果の高さを感じましたので、これなら続けて使用しても大丈夫そう…ということで、継続使用した結果に期待です。

【実際に使ってみた!乾いた髪に塗って30分放置した感想はこれです】

翌日はインターネットで「カラートリートメントでしっかり染める方法」などと検索した結果、「乾いた髪に塗って、放置時間を長くする」という作戦をとってみることにしました。
放置時間は30分!放置後は普段使っているものでシャンプー、トリートメントをしました。
これは規定の使用方法ではないので完全に自己責任で行ったのですが、結果はどうだったかと言うと…

前日よりしっかり色が入ったように見えます!完全に黒くはなっていないのですが、ダークブラウンくらいの色味には染まっていて、かなり目立たなくなりました。

頭皮にも色はついていないし、ダメージもない様子。個人的には明るいリビングで鏡を見ながら塗る方が楽だったので、この使用方法でもよいかも?と思いました。
しかし、使用後にシャンプーをしてしまったので、初日のようなトリートメント効果を感じられなかったのが少し残念でしたね。

ちなみにこの日は素手でカラートリートメントを塗ったのですが、色がしっかり付いてしまって落とすのが大変でした…石鹸で根気よくこすれば落ちたのですが、それが少し面倒に感じたので、やはり使い捨てのゴム手袋をした方が良いなという感想を持ちました!

【3回目の使用後はどうなった?今後はどう使用するか、現在の考えはこちらです】

乾いた髪に使用する方法がうまくいったので、3日目も同様に「乾いた髪に塗り、30分放置」を実行してみました。
すると、前日よりもさらに濃い色に染まり、髪の毛をかき分けてまじまじと見なければ分からないレベルになりましたよ!

カラートリートメントは染まるのに時間がかかると聞いていましたが、3回でこれくらい染まるなら充分満足です。何より手軽で、髪や頭皮のダメージがなく、お風呂場も汚れない。ズボラな私には今のところ最善の策に思えています!

今後はカラートリートメントを浴室に常備して、トリートメント代わりに毎日使おうと思っています。色が落ちてきて気になる部分が出てきたら、乾いた髪に塗ってしっかり着色するのも良いかなと計画していますよ。

ちなみに私の髪の長さは鎖骨くらいまでのセミロング。

カラートリートメントの1回の使用量はピンポン玉2つほどなので、たっぷり使用したとしても1か月はもつのではないかと予想しています。価格は1000円程度だったので、それくらいなら継続して使用できそう!コスパ的にも大満足です。

ちなみに私の友人は毎月美容室で白髪染めをしているそうなのですが、ヘアカラー&カット&トリートメント…などで1万円以上かかってしまうそう…それを考えると、ヘアカラートリートメントなんて安いものですね…

私も白髪がさらに増えたり、カラーを変えたりしたくなったら美容室にお世話になる時もくると思います。しかし当面はカラートリートメントを使用して、白髪のセルフケアを続けてみようかなと思います。

「白髪、まだそんなに多くはないしな~…」と悩んでいる方で髪色が黒やダークブラウンの方はカラートリートメント、おすすめできます。デメリットはほとんどないと感じたので、興味があれば試してみてはいかがでしょうか?