インフルエンザが疑われる時にやってはいけないこと、まとめました

インフルエンザにかかってしまうと高熱や全身倦怠感、関節痛などのつらい症状に悩まされます。
それを和らげるため、または早く治したいがために、自己判断でやってしまっていることってありませんか?
実はそれ、危険な行為だったり、インフルエンザの治りを悪くしてしまう場合もあるんですよ!

インフルエンザの治し方についてのあれこれ、「意外と知られてないんじゃないかな?」と思ったことがいくつかあったので、シェアするためにまとめてみることにしました。

【熱を下げるために市販の風邪薬や解熱鎮痛剤を使用する…それ、危険です】

インフルエンザにかかると38℃以上の高熱が出ることも多いですよね。
その熱を下げるために市販の風邪薬や解熱鎮痛剤を使ってしまっていませんか?
故意ではなくても、インフルエンザの症状を普通の風邪と間違えて風邪薬を飲んでしまう場合もあるかもしれませんね。

でも、それって実は危険な行為なんです。

その理由の1つは市販の風邪薬や解熱鎮痛剤に含まれる成分にあります。
風邪薬や解熱鎮痛剤には「アスピリン」「イブプロフェン」「ロキソプロフェン」などの成分が含まれています。
これらの成分は一時的に熱を下げる働きをしてくれるものの、体の免疫作用も低下させてしまうため、インフルエンザの症状を悪化させてしまう場合もあるのだそうです。

また、インフルエンザの発症時にこれらの薬を使用することで「インフルエンザ脳症」や「ライ症候群」などの重篤な症状を引き起こす可能性も指摘されているため、やはり安易に使用するのは危険ですね。

特に子供がインフルエンザに感染した場合は使用する薬に最大限の注意を払う必要がありますが、大人でも薬の影響によってインフルエンザ脳症を発症する恐れはあるとのことなので、年齢に関わらず注意する必要がありますね。

しかし、解熱剤自体が悪いというわけではない点も覚えておきましょう。
子供や高齢者などの体力がない人たちの場合は、長く高熱にさらされることで体力が消耗し、症状が重くなってしまうこともあります。
そのような場合は適宜熱さましを使用することで回復を助けられるともされていますよ。

いずれにしても、医師や薬剤師などの専門家の指示を仰ぎ、危険ではない解熱剤を使うことが大切です。

【インフルエンザか確かめて治すためにすぐに病院に行く!これって正しいの?】

インフルエンザの流行する季節に発熱などの症状があった場合、「インフルエンザかも!?」と慌てて病院に駆け込むのって正しい行為なのでしょうか?
人によっては「会社に診断書を出さないといけないので、無理してでも病院に行く」なんて場合もあるようですが…。

実は、健康で体力がある人の場合は基本的には「安静にしてれば治る」のがインフルエンザ。
病院に行かなかった、薬を飲まなかったからといって「治らない」「悪化する」ということはないんですよ。

無理して外出することで周囲の人にインフルエンザウイルスをうつしてしまうリスクもありますし、実はただの風邪だったのに病院の待合室でインフルエンザをうつされてしまった…なんてことも実際にあるようです。

それでも、インフルエンザかどうか確かめたい気持ちはあると思います。
その場合は、『検査を受けるタイミング』がとても大事!早すぎても、遅すぎてもダメなんです。

早すぎるとインフルエンザのウィルス数がまだ少なく、判定ができないことも多いんです。
逆に検査を受けるタイミングが遅いとインフルエンザ薬の効果を得られなくなってしまうんですよ。(インフルエンザ薬は発症から48時間以内に服用することで、発熱する期間を短縮する効果がある)
そのため、「発症してから12時間以上、48時間以内」に受診することが大事なんですね。

まとめると、「感染を拡大させる危険がある」「他の感染症にかかる恐れがある」「受診が早すぎるとインフルエンザかどうか判定できない」という点から、慌てて病院に行くのはあまり推奨されないようです。
ひとまず会社や学校を休んで様子見をし、軽症なら自宅で安静にして回復をはかることを基本にすると良いかもしれませんね。

【もりもり食べて早く治す!これってインフル対策として正しいの?】

インフルエンザの症状として、「食欲不振」が挙げられることも多いのですが、どういうことか私はインフルエンザや風邪にかかっても食欲があります。
そのためいつも普通にもりもりご飯を食べていたのですが…それって良いの?とふと疑問に思ったので調べてみました。

すると、私と同じようにインフルエンザや風邪に罹ってもモリモリ食べる人は結構いるみたい。
また、「栄養をつけて早く治す!」と無理して食べてしまう方もいらっしゃるようですね。

しかし、インフルエンザが疑われるときに「たくさん食べる」のは実は体にとっては良くありません。
消化にはエネルギーを多く使うので、たくさん食べることで体力が低下しやすくなってしまうという指摘があるようですよ。
食欲がないのに無理して食べるのはもちろんNG!
消化器官に負担をかけてしまいますし、気分が悪くなって嘔吐してしまうことだってあるかもしれませんね。

インフルエンザを治すためには「栄養を摂る」ことはもちろん大事なのですが、消化の良さを重視した献立にすることが重要。
具体的にはおかゆやおじややスープ、柔らかく煮た魚や肉などのタンパク質、ヨーグルトや大豆製品などが適しているとされます。
また、食欲がないときには無理に食べずに「水分を補給する」ことを意識することが大事です。
経口補水液やスポーツドリンクなどをこまめに摂り、脱水にならないように心がけましょう!

【インフルエンザになったら無理してでも汗をかく!それって逆効果の場合もあります】

インフルエンザにかかってしまった時、寝て起きると汗をたっぷりかいていて気分が少しスッキリしたことってありませんか?
確かに、インフルエンザの初期に熱をしっかり出して汗をかくことでウィルスの排出を促し、回復を早めることはできるようなんです。
ということは、布団をたくさん掛けたりお風呂に入ったりして汗をかくと治りが早くなるのでしょうか?

答えはNO!

実は、解熱剤を使用したり、熱が自然に下がるタイミングで体の反応として汗が出てくるのであって、汗をかいたからといって熱が下がるわけではないんです。
そのため無理して厚着をしたり、布団をたくさん掛ける必要はないとのことですよ。
無理して汗を出そうとすることで無駄に体力を消耗してしまいますし、あせもなどの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

もちろん、悪寒がするときには体を温める必要がありますので、湯たんぽや毛布などを活用して不快感を軽減させてあげましょう。

以上、インフルエンザが疑われるときにやってはいけないことについてまとめてみました。
ヘルスケアの一助としてお役に立てば幸いです。