まつ育やアイケアの新常識?「アイシャンプー」について調べました

近年、まつ毛のコシがなくなりボリュームが減ってきたような気がしてきて「まつ毛美容液」などを使用してケアしています。
まつ毛を育てたい一心から、『まつ育』『アイケア』などのキーワードでネット検索をすることも多いのですが、そんな中で見つけたのが「アイシャンプー」という新習慣。
「その名の通り「目を洗う」ということなんだろうな」とはすぐにイメージできたのですが、よくよく調べてみるとアイシャンプーには多くのメリットがあることが分かったんです。

まつ育やアイケアをしたい方、ドライアイの方や目元の不快感が気になる方必見!
新しい習慣、「アイシャンプー」のメリットや実践方法について調べたことをご紹介してみたいと思います。

【アイシャンプーとは?眼科も推奨する目元ケアの専用品です】

そのネーミングから想像できるように、「アイシャンプー」とは「目元を洗うシャンプー(洗浄剤)」のこと。
目にしみにくい処方で作られているためまぶたの縁ぎりぎりまで洗うことができ、まつ毛の根本のメイク汚れや皮脂汚れなどをすっきり取り除くことができるアイテムなんです。

実は、目元を洗う行為は「リッドハイジーン(眼瞼清拭)」と呼ばれ、眼科医によって推奨されることもあるんですよ。
まつ毛の根本を清潔にすることで例えば以下のような目元のトラブルを予防する効果も期待できるのだとか。

・目のゴロゴロ(異物)感
・目のかすみ
・目のかゆみ
・ものもらい
・まつ毛ダニの繁殖
・マイボーム腺機能不全によるドライアイ

目元を洗うことがドライアイに効果があるというのは意外に思えたのですが、これは「マイボーム腺」という、まぶたの中にある「脂肪を分泌する器官」に関係しています。
この『マイボーム腺』はまつ毛の根本などに汚れが溜まることにより「詰まり」の症状を起こして機能不全に陥ることがあります。
そうすると目の潤いを保つために必要な油分が正常に分泌されなくなるため、ドライアイ症状が起きてしまうのです。
そのため、リッドハイジーンを行うことでドライアイを改善できる可能性があるんですね!

また、美容の観点から言うとリッドハイジーンには以下のようなメリットがあるとされています。

・まつ毛の生育を助ける
・まつ毛エクステのグルー(接着剤)の付きを良くして仕上がりを良くする
・まつ毛トリートメントの浸透を良くする

まつ毛を育成したい自分にはうれしいメリットばかり…
アイシャンプーを使用したリッドハイジーンという新習慣は目の健康と目元の美容にとって重要な役割を果たしてくれそうです。

【リッドハイジーンってどうやるの?アイシャンプーってどう使う?調べてみました】

リッドハイジーンが目の健康や目元の美容に良い影響があると分かると、リッドハイジーンのやり方やアイシャンプーの使い方が俄然気になってきました。
そこで詳しく調べてみると、リッドハイジーンは実はとっても簡単にできることが分かりました。

リッドハイジーンの目的はまつ毛の根本の汚れや皮脂を落とすこと。
今日から行うためには、「洗顔の際に指の腹を使ってまつ毛をなでるように洗う」…実はこれだけでOKなんです。

使用する洗浄剤は普通の石鹸で大丈夫。よく泡立てて目に入らないように気をつけながら行いましょう。
または、ぬるま湯を使ってなで洗いするだけでもリッドハイジーンになるとのこと!洗浄力は低下しますが、ある程度の効果は期待できるようです。

私はさっそく石鹸を使用した洗浄を実践してみたのですが、やっぱり「目にしみる」のが気になってしまいました…。
まつ毛の根本を意識して洗おうとすると徐々に目にしみてきて途中でやめたくなってしまいましたので、石鹸を使用する場合は根本ギリギリを洗うのは難しいと感じました。

その点アイシャンプーはどうかと言うと?

アイシャンプーでリッドハイジーンを行う場合にはメイク落とし後にまぶたにアイシャンプーを塗布し、まつ毛の根本に馴染ませるようにしながらマッサージします。
その後水かぬるま湯で洗い流し、いつも通り洗顔をすれば完了!(アイシャンプー前に洗顔をしても良い)

アイシャンプーは目にしみにくい処方になっていますのでまつ毛の根本を洗うには適していますし、保湿成分が配合されているものだと目元の乾燥を気にせず洗えそうなのも良いですね。
また、商品によっては「まつ毛に良い美容成分」が配合されているものもあるので、まつ育中の方はやはり専用品でリッドハイジーンを実践するのが良さそうですね。

【リッドハイジーンに使えるアイシャンプーの口コミをご紹介します】

ここからはアイシャンプーを使用してリッドハイジーンを行った方の口コミを少しだけご紹介します。
皆さんどんなことを目的としてリッドハイジーンを行っているのでしょうか?

口コミ①
マイボーム腺梗塞によるドライアイがひどく、眼科で薦められたこともありアイシャンプーを使用してみました。
綿棒を使用して清潔を保つようにしたところ、瞼を開けられなかったほどのドライアイが少し改善しました。
使用をやめるとまた悪化するので手放せません。

口コミ②
アレルギーによるかゆみやドライアイによるゴロゴロ感が気になり使用してみたところ、それらが改善してきました。
目がかゆいわけではなくまつ毛の辺りがかゆかったようで、効果を実感できました。

口コミ③
まつ毛の根本にかゆみがあり、それが気になってまつ毛を触ることで抜け毛があったのですが、改善してきました。
抜け毛が全くなくなるわけではありませんが効果を実感しています。

やはり、ドライアイや目のかゆみ、目のゴロゴロ感やマイボーム腺のトラブル解消のために使用してみる方が多いようですね。
「眼科医に薦められて購入した」という方も複数いらっしゃったのが印象的でした。
マイボーム腺の詰まりなどに対処するためには目元を蒸しタオルなどで温めてからアイシャンプーを使用することで効果を高めることができるようですよ。
綿棒などを使用して細かい部分の汚れを除去するのも良さそうですね。

【ホームケアには限界もあります。こんな時は速やかに眼科へ!】

以上、まつ育や目の健康維持にも活用できる、「アイシャンプー」によるリッドハイジーンについてご紹介してきました。

しかし、目を開けられないほどひどいドライアイや強い充血、治らないマイボーム腺の詰まり、目の痛みなどの症状がある場合はやはり眼科を受診すると安心ですね。
マイボーム腺の詰まりはよくある症状で、温めたり洗浄したりすることで自然に解消することも多くありますが、ひどくなってしまうと切除しなければ治らない場合もあります。
自分の状態がホームケアで対処可能かどうか、一度医師に相談してみると安心できるかも。

それを踏まえて、目の健康と美容にアイシャンプーを役立ててみてはいかがでしょうか?